三仙台

台東県成功鎮東北部にある三仙台は、離島とサンゴ礁海岸で構成されて、奇石が分布していて、その中に巨大な岩石が三つあって、伝説によると、呂洞賓、李鐵拐、何仙姑がここに来たことがあるから、三仙台と呼ばれるようになりました。

neo_img_10953067623_874a64d4a3_h

neo_img_dpp_11085

neo_img_dpp_11087

neo_img_dpp_11146

neo_img_img_4401

neo_img_img_4411

neo_img_img_4418

neo_img_img_4426
三仙台の地質は都巒山集塊岩で、元々は岬角でしたが、海水の海蝕作用で徐々に岬角を切断して、離島になりました。今まで三仙台を訪れる観光客は干潮の時に、海を渡って行くしかありませんでしたが、1987年に八スパンの歩道橋が完成されて、波浪の型で、まるで巨大な龍が海の上に横なっているように見えます。この橋は三仙台を本島と繋げて、東海岸で大変有名なシンボルになりました。                 三仙台の面積は約22ヘクタールで、最高な海抜は約77メートルで、環状歩道が設けられていて、のんびり鑑賞するなら、約2時間がかかります。島はサンゴ礁に囲まれていて、強い風と海蝕作用で、島に仙劍峽、合歡洞等三仙台の物語と関わる天然奇景があるほかに、海蝕溝、甌穴、海蝕柱、海蝕凹壁などの海蝕景観が見られて、三仙台に観光に来たら、なかなか興味深くて、楽しいです。
生態景観が豊かな三仙台には、自然が保っているので、島全体でよくアダン、タイワンデーツ、モンパノキ、ハマナタマメ等の海浜植物が見られて、海岸植物生態を研究する重要なスポットで、自然保護区として認められました。島の南部から基翬辺りの海域では綺麗なサンゴ礁と熱帯魚群があって、花東海岸で海底景観を観賞する時、最高なスポットです。