八仙洞

地質景観と先史遺跡を両方持っている八仙洞は台東県長濱鄉三間村から海に面した崖の上にあって、自然に形成された十数個の海蝕洞窟があります。これらの洞窟は元々海面にあって、現在は150メートル高さの山壁に散らばっていて、これは東海岸プレートが上昇したプロセスの中に、波に海蝕された柔らかい部分でした。

neo_img_img_8087

neo_img_img_8152

neo_img_img_81741

neo_img_img_81742

neo_img_img_81743

neo_img_img_81744

neo_img_img_81745

neo_img_img_81747

neo_img_img_81748

neo_img_img_81749

八仙洞には各海蝕洞窟へ行く歩道があって、その中に最大な洞窟は靈岩洞,最高な洞窟は崑崙洞、高さは130メートルで、そのほかには乾元洞、朝宸洞、海雷洞、潮音洞、永安洞、水簾洞等があります。洞窟はほとんど祭り場として作られていたので、洞窟の名前も宗教の意味が含まれています。
八仙洞は重要な先史遺跡で、非常に豊富な旧石器時代先陶文化が発見されて、「長濱文化」と呼ばれるようになって、これは現在まで台湾において最古の先史文化遺跡で、極めて重要なので、国家一級遺跡と定められました。

台東縣長濱鄉三間村水母丁1-4號
電話:089-881418
時間:08:30~17:00